エメラルドシティでの輝かない生活

シアトル近辺でオットと息子の三人暮らし.子育てと日々の雑感.

大雪バレンタインデー

f:id:brilliant-world:20210215173841j:plain

ワイルドな高校時代

先週金曜日の夜からぼちぼち降り始めた雪が、日曜日までずっと降り続けて世界が真っ白になりました。

天気が悪いと外が暗くて、結果、家の中も暗くなるんですが、 雪ってすごいですね。あんなに曇天なのに、とても明るくてちょっと気分が上がりました。

f:id:brilliant-world:20210215111901j:plain

雪国感

記録的な大雪になったみたいで、National Weather Service もツイートしていました。 

 2日間の積雪で、記録を取り始めた1894年以降では15番目の積雪量だそうです。28cmくらい。うちの庭でも定規を刺して測ってみましたが、25cm はありました。
1972年以降では最大値だそうです。49年ぶりに記録更新ですね。ほぼ半世紀。

 

今回の大雪の何がいいって、風がほとんどなかったことです。あと、湿気もあまり含まないので、さらっさらのふわっふわの雪でした。これで湿気が多いと電線に負荷がかかり、かつ風が強いと凍って断線してしまうことが考えられるので、停電的にはラッキーな方だったと思います。

まだ記憶に新しい。

 

オットと息子は日曜日にスキーに行きました。

オットは「オレ史上最高のパウダースノー」と言って興奮していました。でも、息子はあまりの寒さにやる気が激減してしまったらしく、帰ってきたら不機嫌でした。

他にも、オットは雪道運転が楽しかったらしく(頭がおかしいので)、昨年11月に新調したAWDの車+冬タイヤで気が大きくなって、無駄に遠回りして帰ってきたと言っていました。うちのオットは大人の権限を持った中学生なので、本当に困ります。

分別!大人だから!


私は私で男子がいない間、近所を散策してきました。
うちはまあまあ田舎なので、手つかずの雪がいっぱいありました。訳のわからないただただ広い空き地が近所にあるんですが、そこがなだらかな斜面になっていて、そこでなんちゃってスキーを楽しんでいる人たちがキャーキャー言っていて良かったです。

もう白くて本当にきれいでした。これで青空出てきたら、もっときれいだろうなぁ。

 

そんなのを眺めていたら、ふと、小学生の時に夢中で読んだ、ナルニア国物語を思い出しました。

すっごく寒そうですよね。
冬の魔女(?)の力で、永遠の冬になってしまったナルニア国です。全7巻ありますが、やっぱりこの「ライオンと魔女」が一番面白かった。

 

私は雪があまり降らない地域で育ってきたので、雪が降ると、逆に雪にまつわるいろんな記憶が呼び覚まされます。